コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清兵衛(1) せいべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清兵衛(1) せいべえ

?-? 江戸時代中期の蒔絵(まきえ)師。
宝永(1704-11)のころ大坂伏見町にすんだ名工で,印籠(いんろう)づくりを得意とした。印籠の重ねをばらしてふたたび上下表裏いれかえてもしっくりあったので「清兵衛のばら印籠」とよばれたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清兵衛(1)の関連キーワード蒔絵宝永

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android