コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝永 ホウエイ

大辞林 第三版の解説

ほうえい【宝永】

年号(1704.3.13~1711.4.25)。元禄の後、正徳の前。東山・中御門なかみかど天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ほうえい【宝永】

日本の元号(年号)。江戸時代の1704年から1711年まで、東山(ひがしやま)天皇、中御門(なかみかど)天皇の代の元号。前元号は元禄(げんろく)。次元号は正徳(しょうとく)。1704年(元禄17)3月13日改元。震災(関東地震)の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『旧唐書(くとうじょ)』を出典とする命名。宝永年間の江戸幕府の将軍は徳川綱吉(つなよし)(5代)、徳川家宣(いえのぶ)(6代)。生類憐みの令や貨幣改鋳による物価高騰など、綱吉治世の混乱が続く中、1704年(宝永1)に6代将軍が甲府藩の徳川家宣(綱豊、綱吉の甥にあたる)に決定した。1709年(宝永6)、綱吉の病没後に将軍に就任した家宣は、「生類憐みの令」を廃止し、間部詮房(まなべあきふさ)や新井白石(はくせき)らを登用して、幕政の刷新を行った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

宝永の関連キーワード生島大吉(初代)上吉影村藤衛門宝永水府太平記安達三郎左衛門浄光院(2)前田利右衛門車屋忠右衛門大炊御門経光滝岡彦右衛門万里小路淳房永字豆板銀今出川伊季瀬川竹之丞勧修寺経敬長谷川雪朝三宝院高賢水無瀬兼豊中御門資熙児玉松春正徳金銀

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝永の関連情報