コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原則季 きよはらの のりすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原則季 きよはらの-のりすえ

?-? 平安時代後期の蒔絵(まきえ)師。
公卿(くぎょう)中山忠親(ただちか)の日記「山槐記」安元元年(1175)8月16日後白河法皇五十の賀の関連記事に,平文師(ひょうもんし)清原貞安(さだやす)とならんでその名がしるされている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清原則季の関連キーワード公卿