コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原貞安 きよはらの さだやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原貞安 きよはらの-さだやす

?-? 平安時代後期の漆工。
漆塗りに金銀の薄板で文様をあらわす平文師(ひょうもんし)。安元元年(1175)蒔絵師清原則季(のりすえ)らとともに名工として後白河法皇に拝謁する。元暦(げんりゃく)元年紀助正(きの-すけまさ)らと大嘗会(だいじょうえ)の調度の製作にあたった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清原貞安の関連キーワード清原貞光漆工

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android