コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡宋記 とそうき

1件 の用語解説(渡宋記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とそうき【渡宋記】

平安時代後期の旅行記。1巻。僧戒覚記。中国天台山五台山の巡礼を志した天台僧戒覚が,永保2年(1082)9月5日筑前国博多津の乗船から,翌年6月15日五台山真容院に永住を認められるまでの記。抄出本であるが,従来《万代和歌集》に1首の歌が知られるだけの戒覚の行動が明らかとなり,直前の入宋者成尋(1081没)の《参天台五台山記》と合わせて当代の貴重な史料である。1229年(寛喜1)実尊写,宮内庁蔵。【平林 盛得】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渡宋記の関連キーワード参天台五台山記入唐求法巡礼行記平安時代僧戒真旅旅行記イブンバットゥータ増基(1)頼増ウィリアムソン:旅行記~シドニー/piano solo

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone