コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡宋記 とそうき

1件 の用語解説(渡宋記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とそうき【渡宋記】

平安時代後期の旅行記。1巻。僧戒覚記。中国天台山五台山の巡礼を志した天台僧戒覚が,永保2年(1082)9月5日筑前国博多津の乗船から,翌年6月15日五台山真容院に永住を認められるまでの記。抄出本であるが,従来《万代和歌集》に1首の歌が知られるだけの戒覚の行動が明らかとなり,直前の入宋者成尋(1081没)の《参天台五台山記》と合わせて当代の貴重な史料である。1229年(寛喜1)実尊写,宮内庁蔵。【平林 盛得】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone