コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温存療法 オンゾンリョウホウ

デジタル大辞泉の解説

おんぞん‐りょうほう〔ヲンゾンレウハフ〕【温存療法】

がんなどにかかった器官全摘出せずに、薬物放射線で治療したり、切除をがん部分のみにとどめたりするなどして、機能の温存をはかる治療法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんぞんりょうほう【温存療法】

がんなどで、切除する部分をなるべく少なくし、本来その臓器や部位がもつ機能や外観を残しながら治癒を試みる治療法。放射線療法や抗癌剤を用いた化学療法と併用される。乳癌、膀胱ぼうこう癌、直腸癌、咽頭癌など、その適用範囲は次第に拡大している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

温存療法の関連キーワードがんの放射線療法がんの外科療法乳房温存療法乳房切断術放射線療法化学療法咽頭癌近藤誠直腸癌抗癌剤乳癌治癒

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温存療法の関連情報