コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温藉 オンシャ

デジタル大辞泉の解説

おん‐しゃ〔ヲン‐〕【温×藉】

[名・形動]あたたかく、心が広いこと。また、そのさま。蘊藉(うんしゃ)。
「その怨み方が―でなく感情の露骨なのを非難する」〈佐藤春夫晶子曼陀羅

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんしゃ【温藉】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
心が広くやさしい・こと(さま)。 「吟蜩は風流-、金を返して恩を報じ/露団々 露伴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone