湯手(読み)ユテ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐て【湯手】

《「ゆで」とも》入浴時、からだを洗うのに用いるもの。手ぬぐいやへちまなどをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆて【湯手】

〔「ゆで」とも〕
手拭い。また、風呂で体を洗う、洗い粉などを包んだ布袋やへちま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐て【湯手】

〘名〙 洗い粉などを包んだ入浴用の布袋やへちま。また、入浴用の手ぬぐい。
※評判記・秘伝書(1655頃)下ほんの事「入ゆを、てひきがんにわかして、ゆてにはへちまたふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯手の関連情報