湯次・湯注(読み)ゆつぎ

精選版 日本国語大辞典 「湯次・湯注」の意味・読み・例文・類語

ゆ‐つぎ【湯次・湯注】

〘名〙 =ゆとう(湯桶)
多聞院日記‐天正六年(1578)正月一七日「引物皿〈五十〉・ゆつき〈三〉・銚子鍉〈二具〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android