湯通し(読み)ユドオシ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐どおし〔‐どほし〕【湯通し】

[名](スル)
織物を湯に浸して糊気(のりけ)を取って柔らかくし、あとで縮むことのないようにすること。
肉・魚・野菜などを、さっとにくぐらせて、灰汁(あく)・臭み油気を取り去ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆどおし【湯通し】

( 名 ) スル
織物の仕上げ工程の一。温湯に浸して糊のりを除き、光沢を出す。
食物をあたためたり、油気を抜いたり、食器を消毒したりするために熱湯にくぐらせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯通しの関連情報