湯通し(読み)ユドオシ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐どおし〔‐どほし〕【湯通し】

[名](スル)
織物を湯に浸して糊気(のりけ)を取って柔らかくし、あとで縮むことのないようにすること。
肉・魚・野菜などを、さっとにくぐらせて、灰汁(あく)・臭み油気を取り去ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆどおし【湯通し】

( 名 ) スル
織物の仕上げ工程の一。温湯に浸して糊のりを除き、光沢を出す。
食物をあたためたり、油気を抜いたり、食器を消毒したりするために熱湯にくぐらせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯通しの関連情報