湿深(読み)シツブカ

デジタル大辞泉の解説

しつ‐ぶか【湿深】

[名・形動ナリ]《近世語》好色なこと。また、そのさまや人。
「わたしが手を握るといふは、おえねえおまへも―な人だ」〈咄・無事志有意〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しつぶか【湿深】

( 名 ・形動 )
〔近世語〕
人一倍好色なさま。また、そのような人。 「娘の手と取ちがへてわたしが手を握るといふは、おへねえお前も-な人だ/咄本・無事志有意」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しつ‐ぶか【湿深】

〘名〙 (形動) 多淫なさま。また、そのような人。
※雑俳・川柳評万句合‐明和四(1767)宮三「品川はしつぶかなのが一のきゃく」

しつ‐ぶか・い【湿深】

〘形口〙
① 湿気が多い。じめじめしている。
狂歌・狂歌戎の鯛(1737)「しつ深き水にゑん有いろなればいづれあやめとかさを煩ふ」
② 好色でしつこい。多淫である。
※談義本・風流志道軒伝(1763)四「しつぶかくして女郎にきらはれ」
③ 皮膚病の湿(しつ)にかかりやすい体質であるさま。
※人情本・妹背鳥(1842‐44頃か)前「此の湿瘡深(シツブカ)いのに、よの坊を雨にあてて見ろ。又湿瘡(しつ)が出来ておへはしねえ」
しつぶか‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android