好色(読み)こうしょく

精選版 日本国語大辞典「好色」の解説

こう‐しょく カウ‥【好色】

〘名〙
① 美しい容色美貌。また、その人。美人。
明衡往来(11C中か)上末「就中貴下才能過人。好色有聞。可席上之珍歟」 〔大学〕
② (形動) 色事を好むこと。異性との情事を好むさま。いろごのみ。
古今(905‐914)真名序「至好色之家、以此為花鳥之使、乞食之客、以此為活計之謀
※雑談集(1305)九「好色(カウショク)(〈注〉イロコノミ)の者には、女人の形と成て」 〔論語‐子罕〕
③ 容色を売る女子。特に遊女などをさしていう。
※承久記(1240頃か)上「判官年比馴遊びける好色白拍子、其外志深き男女の類招寄せて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「好色」の解説

こう‐しょく〔カウ‐〕【好色】

[名・形動]
色事の好きなこと。また、そのさま。色好み。「好色な顔つき」
美しい容色。また、美人。
李夫人は—の、花のよそほひ衰へて」〈謡・花筐
色好みの女。また、遊女。
「虎と云へる—の住みける所となん」〈廻国雑記〉
[派生]こうしょくさ[名]
[類語]色好みすけべいすけべえ好き者漁色女好き男好き・色を好む・プレーボーイ女たらし女殺し好色家鼻下長びかちょう変態助兵衛ったらしい惚れっぽい惚れる愛する恋する好くめる焦がれる思う慕う愛慕思慕恋慕惚れ込む見とれる見惚れる惚れ惚れ一目惚れ懸想けそう目尻を下げる思いを掛ける気がある多情浮気移り気気が多い熱し易く冷め易い気移り心移り色気違いマダムキラーレディーキラー手が早いちゃら浮気者艶福艶福家放蕩ほうとう蕩児とうじ遊蕩ゆうとう色魔女狂い男狂い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android