コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好色 コウショク

デジタル大辞泉の解説

こう‐しょく〔カウ‐〕【好色】

[名・形動]
色事の好きなこと。また、そのさま。色好み。「好色な顔つき」
美しい容色。また、美人。
「李夫人は―の、花のよそほひ衰へて」〈謡・花筐
色好みの女。また、遊女。
「虎と云へる―の住みける所となん」〈廻国雑記〉
[派生]こうしょくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしょく【好色】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
異性に対してともすればみだらな気持ちを抱くこと。 「 -な目つき」 「 -漢」
美しい容色。また、美女。 「女御・更衣、又は遊女・-・美男/風姿花伝」
遊女。 「古へ虎といひける-の住みける所となん/廻国雑記」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

好色の関連キーワード助兵衛ったらしい鼻の下を伸ばす鼻の下が長い目尻を下げるむっつり助平桃林堂蝶麿好きがまし無いもせぬ好色一代男吉田半兵衛古山師重気に入る互い尽く好き撓む濡れ坊主色気違い柔らか物浮世草子好きばむ抓め抓め

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

好色の関連情報