コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源助かぶ菜

1件 の用語解説(源助かぶ菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

源助かぶ菜

長野県飯田市で生産されるカブ。根は食用にせず、「野沢菜」のように葉を漬物にして食する。明治期に愛知県の井上源助氏から伝えられたもの。「飯田かぶ菜」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源助かぶ菜の関連キーワード長野県飯田市伊豆木長野県飯田市追手町長野県飯田市上村長野県飯田市川路長野県飯田市久米長野県飯田市嶋長野県飯田市駄科長野県飯田市龍江長野県飯田市立石長野県飯田市千代

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone