コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源頼時 みなもとの よりとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源頼時 みなもとの-よりとき

?-? 鎌倉時代の幕府官僚。
検非違使(けびいし),筑後守(ちくごのかみ)をつとめ建暦(けんりゃく)2年(1212)地頭職(しき)をあたえられる。鎌倉にいき将軍源実朝(さねとも)の新御所移転や鶴岡八幡宮参詣,北条政子の江ノ島詣(もう)でなどに供をした。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源頼時の関連キーワード鎌倉時代検非違使

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android