建暦(読み)ケンリャク

大辞林 第三版の解説

けんりゃく【建暦】

年号(1211.3.9~1213.12.6)。承元の後、建保の前。順徳天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんりゃく【建暦】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1211年から1213年まで、順徳(じゅんとく)天皇の代の元号。前元号は承元(しょうげん)。次元号は建保(けんぽう)。1211年(承元5)3月9日改元。順徳天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『後漢書(ごかんじょ)』『宋書(そうじょ)』『春秋』を出典とする命名。この頃、朝廷では後鳥羽(ごとば)上皇による院政が行われていた。建暦年間の鎌倉幕府の将軍は源実朝(さねとも)(3代)、執権は北条義時(よしとき)(2代)。また、鎌倉幕府では執権の北条氏と、有力御家人の権力闘争が激化していた。侍所別当(長官)の和田義盛(よしもり)は、1213年(建保1)に北条氏打倒の兵を挙げたが、幕府軍に討たれ、一族とともに敗死した(和田合戦)。前年の1212年(建暦2)には鴨長明(かものちょうめい)が『方丈記』を著し、1213年(建保1)には実朝の『金槐(きんかい)和歌集』が成立している。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建暦の関連情報