コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地頭職 ジトウシキ

大辞林 第三版の解説

じとうしき【地頭職】

地頭の職務、およびそれに付随した権利・権益。下地管理権・年貢徴収権・警察権・裁判権など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地頭職の言及

【職】より

…下司職のような下位の職に補任された者は,上位者に対して,その職務を忠実に履行する義務は負うが,それは封建的従者となったことを意味せず,したがって上位者に対し軍役奉仕義務を賦課されることはなく,またその上位者とは別人と封建的主従関係を結ぶこともありえた。ただ鎌倉幕府の成立とともに新たに源頼朝の申請により設置が勅許され,頼朝が全国にわたるそれの補任権を一括して獲得した地頭職は,頼朝がその家人に対し,主従制を前提として宛て行うものであって,これは封建的知行の対象であった。その意味で,荘園公領制的職の秩序は,地頭職の設置によって大きく性格を変えたのである。…

※「地頭職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

地頭職の関連キーワード美濃局(2)陸奥国留守職下地管理権三分二地頭二階堂行氏相良長頼竹崎季長毛利元春少弐景資志賀泰朝長田道美小早川氏田代顕綱鮫島家高比嘉乗昌湯浅宗良伊佐早荘新田義兼中臣政親熊谷直時

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android