コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地頭職 ジトウシキ

デジタル大辞泉の解説

じとう‐しき〔ヂトウ‐〕【地頭職】

地頭としての職務およびそれに付随した権利得分

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地頭職【じとうしき】

地頭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じとうしき【地頭職】

地頭の職務、およびそれに付随した権利・権益。下地管理権・年貢徴収権・警察権・裁判権など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地頭職の言及

【職】より

…下司職のような下位の職に補任された者は,上位者に対して,その職務を忠実に履行する義務は負うが,それは封建的従者となったことを意味せず,したがって上位者に対し軍役奉仕義務を賦課されることはなく,またその上位者とは別人と封建的主従関係を結ぶこともありえた。ただ鎌倉幕府の成立とともに新たに源頼朝の申請により設置が勅許され,頼朝が全国にわたるそれの補任権を一括して獲得した地頭職は,頼朝がその家人に対し,主従制を前提として宛て行うものであって,これは封建的知行の対象であった。その意味で,荘園公領制的職の秩序は,地頭職の設置によって大きく性格を変えたのである。…

※「地頭職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地頭職の関連キーワード総地頭・惣地頭美濃局(2)下地管理権二階堂行氏三分二地頭善法寺了清小早川氏宇都宮氏竹崎季長毛利時親毛利元春建部清綱少弐景資田代顕綱湯浅宗良詫磨頼秀佐竹宣尚中沢三郎一色持信新田義兼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地頭職の関連情報