地頭職(読み)じとうしき

  • じとうしき ヂトウ‥
  • じとうしき〔ヂトウ〕
  • 地頭▽職

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 地頭②③④、また、その地頭としての権利、得分をいう。
※吾妻鏡‐文治三年(1187)六月二九日「是当国沼田御厨者、畠山二郎重忠所領地頭職也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地頭職の言及

【職】より

…下司職のような下位の職に補任された者は,上位者に対して,その職務を忠実に履行する義務は負うが,それは封建的従者となったことを意味せず,したがって上位者に対し軍役奉仕義務を賦課されることはなく,またその上位者とは別人と封建的主従関係を結ぶこともありえた。ただ鎌倉幕府の成立とともに新たに源頼朝の申請により設置が勅許され,頼朝が全国にわたるそれの補任権を一括して獲得した地頭職は,頼朝がその家人に対し,主従制を前提として宛て行うものであって,これは封建的知行の対象であった。その意味で,荘園公領制的職の秩序は,地頭職の設置によって大きく性格を変えたのである。…

※「地頭職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地頭職の関連情報