コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準仮想化 じゅんかそうか

1件 の用語解説(準仮想化の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

準仮想化

仮想化は、OSが発行する特権命令を無効にして仮想化ソフトが代行することで実現する。準仮想化は、ゲストOSが特権命令を発行する命令部分を、あらかじめ仮想化ソフトが書き換えてしまうことで仮想化を実現する方式。実行速度が落ちないのが特徴だが、OSの書き換えを自動化することが難しく、対応OSが限られるというデメリットがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準仮想化の関連キーワードスキップ制御装置CLI外交特権職権命令法貨執行命令大権命令ませい円債

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

準仮想化の関連情報