溜飲(読み)りゅういん

精選版 日本国語大辞典「溜飲」の解説

りゅう‐いん リウ‥【溜飲】

〘名〙 の消化作用が不調となり、酸性おくびが出ること。また、そのおくびや症状。胸やけ。〔医心方(984)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「溜飲」の解説

りゅう‐いん〔リウ‐〕【×溜飲】

飲食物が胃にとどこおって、酸性の胃液がのどに上がってくること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の溜飲の言及

【胃炎】より

…胃炎が死後に生じた変化であるか生前にもあったものかについての論争が解決したのは,生きている人間の胃粘膜を内視鏡で観察し,あるいは生検が可能になった1920年以降のことである。胃炎は西洋医学とともに日本に輸入された名称で,それ以前は食傷(しよくしよう)あるいは溜飲(りゆういん)と呼ばれた。
[急性胃炎]
 胃カタルともいわれる。…

※「溜飲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android