滋野岑子(読み)しげのの みねこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滋野岑子 しげのの-みねこ

?-? 平安時代前期の女官。
文徳天皇の後宮にはいり,本有(もとあり)皇子,載有(としあり)皇子,皇女淵子(滋子)を生む。貞観(じょうがん)9年(867)従五位上。皇子皇女はいずれも源朝臣(あそん)姓をあたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

滋野岑子

生年:生没年不詳
9世紀の文徳天皇侍女(更衣か)。従四位上滋野貞雄の娘。2皇子2皇女を生んだ。貞観3(861)年4月その皇女淵子が源朝臣姓を与えられ,他の3人の子,本有,載有,滋子も源朝臣姓を賜った。9年1月無位から従五位上に叙された。

(梅村恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android