滋野岑子(読み)しげのの みねこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滋野岑子 しげのの-みねこ

?-? 平安時代前期の女官。
文徳天皇の後宮にはいり,本有(もとあり)皇子,載有(としあり)皇子,皇女淵子(滋子)を生む。貞観(じょうがん)9年(867)従五位上。皇子皇女はいずれも源朝臣(あそん)姓をあたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

滋野岑子

生年:生没年不詳
9世紀の文徳天皇侍女(更衣か)。従四位上滋野貞雄の娘。2皇子2皇女を生んだ。貞観3(861)年4月その皇女淵子が源朝臣姓を与えられ,他の3人の子,本有,載有,滋子も源朝臣姓を賜った。9年1月無位から従五位上に叙された。

(梅村恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android