滝口 宏(読み)タキグチ ヒロシ

20世紀日本人名事典の解説

滝口 宏
タキグチ ヒロシ

昭和期の日本史研究者 目黒女子短期大学学長;女子美術大学理事長;早稲田大学名誉教授。



生年
明治43(1910)年10月26日

没年
平成4(1992)年1月30日

出生地
東京市本所区(現・東京都墨田区)

学歴〔年〕
早稲田大学文学部史学科〔昭和11年〕卒

経歴
昭和18年早大高等師範部専任講師を経て、24年教育学部助教授、27年教授となる。43〜51年早稲田実業高等学校校長兼任、また学生生活課長、学生担当理事をつとめ、安保闘争、早大紛争の処理にあたる。56年定年退職し名誉教授。58年より目白学園女子短大学長、女子美術大学理事長。ほかに日本考古学協会長、日本歴史学協会長、全日本大学野球連盟会長などを歴任した。著書に「武蔵国分尼寺」「上総国分寺」「日本古代史の一考察」「古代の探究―現代の考古学」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android