コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁り アサリ

デジタル大辞泉の解説

あさり【漁り】

探し求めること。「資料漁り
えさを探すこと。また、魚介類をとること。
「―する海人の子供と人は言へど見るに知らえぬうま人の子と」〈・八五三〉

いさり【漁り】

《動詞「いさ(漁)る」の連用形から。古くは「いざり」》
魚や貝をとること。すなどり。りょう。
「沖つ波辺波(へなみ)静けみ―すと藤江の浦に舟そ騒ける」〈・九三九〉
漁り火」の略。
「ひさかたの月は照りたり暇なく海人の―は灯し合へり見ゆ」〈・三六七二〉

すな‐どり【漁り】

[名](スル)
魚や貝をとること。すなどること。「漁り船」
漁(りょう)を業とする人。漁夫漁師

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あさり【漁り】

探し回ること。多く、他の語と複合して用いられる。 「骨董こつとう品-」
魚介類をとること。 「朝あしたには海辺に-し/万葉集 954

いさり【漁り】

〔「いざり」とも〕
魚や貝をとること。すなどり。 「志賀の浦に-する海人あま/万葉集 3653

すなどり【漁り】

( 名 ) スル
すなどること。魚や貝をとること。
漁をする人。漁夫。 〔ヘボン〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漁りの関連キーワードウイルフレッド・ジョン・ジョセフ シードscavengingsuzumokuスナドリネコ一城みゆ希法廷地法十便十宜ヘボン漁り船万葉集李笠翁海人イカ潜り遊漁狩漁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁りの関連情報