コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演算処理装置 えんざんしょりそうちprocessing unit

知恵蔵の解説

演算処理装置

命令を解読し、演算を行う装置で、コンピューターの中心的な構成要素。コンピューターの頭脳にあたる。コンピューターが大きな部屋いっぱいに設置されていた頃は、中央演算処理装置(CPU:Central Processing Unit)と呼ばれたが、小型化が進んで、現在はマイクロ処理ユニット(MPU:Micro Processing Unit)と呼ばれる。算術論理ユニット(ALU:Arithmetic Logic Unit)、各種レジスターやカウンター、命令解読と実行制御をつかさどる装置で構成される。

(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

演算処理装置の関連情報