頭脳(読み)ずのう

精選版 日本国語大辞典「頭脳」の解説

ず‐のう ヅナウ【頭脳】

〘名〙
脳髄。また、あたま。
※保元(1220頃か)上「我聞、恵亮砕頭脳、備清和帝祚、尊意振智劔、加刑罰将門」 〔後漢書‐酷吏伝〕
② 物事を識別したり判断したりする力。あたまのはたらき。知力
※仏国風俗問答(1901)〈池辺義象〉男職工「日本の職工のごとく頭脳鋭敏ならねども」
③ 集団の中心になっている人。首脳
④ すぐれた知能を持った人。
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉II「その判断は大学に持ちこまれることが多かった。そこに判断する最高の頭脳がいたからである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「頭脳」の解説

ず‐のう〔ヅナウ〕【頭脳】

脳。脳髄。あたま。
あたまの働き。知力。「頭脳のすぐれている人」「頭脳明晰めいせき」「頭脳集団」
ある集団を代表する、すぐれた働きをする人。「我が社の頭脳ともいうべき人物」
特にすぐれた知能の持ち主。「海外への頭脳の流出が続く」
[類語](1脳髄脳味噌/(2知能

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android