漢文唐詩宋詞元曲(読み)かんぶんとうしそうしげんきょく(英語表記)Hàn wén Táng shī Sòng cí Yuán qǔ

世界大百科事典 第2版の解説

かんぶんとうしそうしげんきょく【漢文唐詩宋詞元曲 Hàn wén Táng shī Sòng cí Yuán qǔ】

中国の代の文(散文),代の代の(詩余とも呼ばれる歌謡調の詩),元代の曲(演劇)を並列した成句。中国の長い文学の歴史を通時的に展望すると,漢代の文学は文によって代表され,唐・宋・元のそれはおのおの詩・詞・曲によって代表されるという考えを示す。また同時にこの4種のジャンルに即して見た場合には,文においては漢が,詩においては唐が,詞においては宋が,曲においては元が,それぞれ最高潮の時期であるとする認識をも示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android