成句(読み)せいく

精選版 日本国語大辞典「成句」の解説

せい‐く【成句】

〘名〙
① 一つのまとまった意味をもつことば。
② 古くから慣習的に用いられているひとまとまりのことば。ことわざや格言の類。成語
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「忙中自ら閑ありという成
古人が作った詩文の句で、広く世に知られているひとまとまりのことば。成
※国民性十論(1911)〈芳賀矢一〉四「戯曲の外題も多くは和歌の成句で成立って居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「成句」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の成句の言及

【熟語】より

…2個以上の単位の語が結びついて,構文上1個の単語と同様の働きをするものを,一般に熟語という。一連の表現ではあるが,文法上なお数個の単語の連続とみなされるもの(その連続の間には助詞の働きが認められる)は,慣用句,成句などとよび,その結合が1個の単語とみなされて全体としてある1品詞に属させられるときは複合語,成語などとよぶ。【林 大】。…

※「成句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android