コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩余 シヨ

デジタル大辞泉の解説

し‐よ【詩余】

中国の韻文の一体である詞(し)のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しよ【詩余】

中国の韻文の一体「」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詩余
しよ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の詩余の言及

【詞】より

…〈漢文,唐詩,宋詞,元曲〉といわれるように,詞は宋代をもって様式を完成し,この時代の特有な文学としての位置をしめる。詞というほかにいろいろな呼び方があり,詩余,曲子詞,長短句,塡詞,近体楽府(がふ)などともいう。
[形式]
 韻文としての詞の形式(句法,押韻法,韻律など)は楽曲に規定される。…

【中国文学】より

…彼らの叙述が政治に対する批判をふくむ点では,中唐期の白居易とその友人たちの作品と同じ流れの続きだといえる。
[詞と宋詩]
 唐の末期から五代(10世紀前半)へかけて,韻文の新しいジャンルが起こり,〈〉(または〈詩余〉)とよばれる。それは妓女がうたう歌謡曲であった。…

※「詩余」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

詩余の関連キーワード宋(中国の王朝(960~1279))詞(中国歌謡文学)漢文唐詩宋詞元曲角田浩々歌客文体明弁人間詞話劉禹錫洪亮吉陳維崧貝瓊時調詞綜詞選

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android