コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜在火山構造 せんざいかざんこうぞう cryptovolcanic structure

1件 の用語解説(潜在火山構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

潜在火山構造

円に近い外形で,中心部が上昇し激しい構造的な攪乱を伴ない,周囲が環状に陥没し不規則に部分的な断層を伴う構造である[Branca & Frass : 1905].この構造は爆発の証拠で,潜在火山構造であり,地表地殻に濃集した火山性ガスが閉じ込められ突然開放されたために形成されたと考えられる[Bucher : 1936].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潜在火山構造の関連キーワードアセト酢酸炎心血管拡張円高(Yen appreciation)正累帯構造剣玉構造火山岩体ランク効果(流体力学)連動率起繋 (straight stumpy pastern, steep stumpy pastern)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone