攪乱(読み)こうらん

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐らん カウ‥【攪乱】

〘名〙 (「こう」は「攪」の漢音) かき乱すこと。かくらん。
※土(1910)〈長塚節〉一一「之(これ)を攪乱(カウラン)する他の力が加へられねば両者は唯平静である」 〔郝経‐三北城月榭翫月酔歌〕

かく‐らん【攪乱】

〘名〙 (「こうらん(攪乱)」の慣用読み) かき乱すこと。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉鉄道国有「経済社会全体を攪乱(カクラン)するを防遏するが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かく‐らん【×攪乱】

[名](スル)《「こうらん(攪乱)」の慣用読み》かき乱すこと。混乱が起きるようにすること。「情報網を攪乱する」

こう‐らん〔カウ‐〕【×攪乱】

[名](スル)かくらん(攪乱)」に同じ。
「ただ地方を―するために、乱暴狼藉を働いたと見られては」〈藤村夜明け前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android