潤み(読み)ウルミ

デジタル大辞泉「潤み」の解説

うるみ【潤み】

湿りけを帯びること。また、その湿りけ。「潤みをたたえた黒い目」
しっとりとした趣。うるおい。
「幾つも並んだ窓から―もない明りが射していた」〈近松秋江・青草〉
濁ったり、色が不鮮明になったりすること。
「田の水も―が多くなってねえ」〈藤村千曲川のスケッチ
酒の醸造の過程で、泡が透明にならず、濁っていること。また、その酒。
潤み色」の
潤み朱」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android