コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮吹き シオフキ

デジタル大辞泉の解説

しお‐ふき〔しほ‐〕【潮吹き】

鯨が、潮水を吹き上げること。
シオフキガイの別名。 春》「―や稲荷(いなり)の裏の海灰色/かな女」
潮吹き面」の略。
船のかじの羽板にあけた小さな穴。輪精(りんせい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しおふき【潮吹き】

クジラの呼気。体内で温められ湿った空気が急激に体外へ吐き出され、水蒸気が水滴となり、同時に鼻孔周辺の海水も一緒に吹き上げられる。
船の舵の羽板はいたに開けた穴。輪精りんせい
「潮吹き面」の略。
海産の二枚貝。殻長5センチメートル 前後で、丸みのある三角形。殻表は黄褐色で細かい輪脈がある。内湾の潮間帯の砂泥にすむ。佃煮つくだににする。しおふきがい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の潮吹きの言及

【ひょっとこ】より

…陸前地方では大きな面を竈神としてかまどの側の柱に掲げてまつる風習があるが,その起源譚にはヒョウトクとかヒョットコという火焚き男が竈神となったと語られるものがある。ひょっとこはお亀とともに道化役として神楽(かぐら)の種まきや魚釣りの舞に登場し,口をとがらしたようすから潮吹きともいわれている。同様な面は狂言にも用いられ,〈うそぶき〉とよばれる。…

※「潮吹き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

潮吹きの関連キーワード長崎くんちの奉納踊鶴見(大分県)鯨の潮吹きひょっとこ碁石海岸海食洞鬼ヶ城桑名城神楽面残波岬鶴御崎二枚貝潮間帯水蒸気三角形クジラ黄褐色潮水内湾海産

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮吹きの関連情報