羽板(読み)はいた

精選版 日本国語大辞典「羽板」の解説

は‐いた【羽板】

〘名〙
和船の効きをよくするため、身木(みき)に取り付ける舵面積増大用の。若羽(わかば)。〔和漢用集(1766)〕
などにの狭いたくさんの板を一定傾斜をつけて横に取りつけたもの。空気の流通をよくし直射日光流入を防ぐ装置。がらり板。よろい板。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「羽板」の解説

は‐いた【羽板】

船のかじの板状部分。
窓などに、幅の狭い横板を一定の傾斜をもたせて何枚も取り付けたもの。直射日光や雨を防ぎ、空気を通す。ルーバーがらり板。鎧板よろいいた錏板しころいた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android