羽板(読み)ハイタ

デジタル大辞泉の解説

は‐いた【羽板】

船の舵(かじ)の板状部分。
窓などに、幅の狭い横板を一定の傾斜をもたせて何枚も取り付けたもの。直射日光や雨を防ぎ、空気を通す。ルーバーがらり板鎧板(よろいいた)。錏板(しころいた)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいた【羽板】

和船の舵の利きをよくするため、身木みきの下部に取り付けて面積を広くする板。はねいた。
鎧板よろいいた」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽板の関連情報