羽板(読み)ハイタ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 和船の舵の効きをよくするため、身木(みき)に取り付ける舵面積増大用の板。若羽(わかば)。〔和漢船用集(1766)〕
② 窓などに幅の狭いたくさんの板を一定の傾斜をつけて横に取りつけたもの。空気の流通をよくし直射日光や雨の流入を防ぐ装置。がらり板。よろい板。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android