コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮吹穴 しおふきあなblow hole

1件 の用語解説(潮吹穴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮吹穴
しおふきあな
blow hole

海崖にできた奥行の浅い海食洞に波が打ちつけて水や空気が詰込まれ,波が去ると同時に,噴水のように放出することがある。この穴が海食洞の初期にあたるもので潮吹穴という。伊豆半島伊東市の海岸などにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone