コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮干る珠/潮涸る瓊 シオヒルタマ

デジタル大辞泉の解説

しおひる‐たま〔しほひる‐〕【潮干る珠/潮×涸る×瓊】

潮を引かせる霊力があるという玉。しおふるたま。干珠(かんじゅ)。→潮満(しおみ)つ珠(たま)
[補説]「ひ(干)る」は、上代には上二段活用だったので、古事記に「塩乾珠」とあるのなどは「しおふるたま」と読むべきものとされる。

しおふる‐たま〔しほふる‐〕【潮干る珠/潮×涸る×瓊】

しおひるたま(潮干る珠)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しおひるたま【潮干る珠】

しおふるたま【潮干る珠】

潮を引かせる力をもつという珠。干珠かんじゆ。しおひるたま。しおひるに。 ↔ 潮満つ珠 「若し其れ愁ひ請まおさば-を出して活かし/古事記 上訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

潮干る珠/潮涸る瓊の関連キーワード上代補説

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android