コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬高荘 せたかのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

せたかのしょう【瀬高荘】

筑後国山門郡(現,福岡県瀬高町,三橋町)の荘園。立荘の時期,成立事情は不明。1131年(天承1)上・下荘に分かれ,下荘には鷹尾別符が成立した。12世紀初頭中納言藤原俊忠が領家職を有していたが,のち下荘は外孫の後徳大寺左大臣実定に渡り,実定より本家職が待賢門院に寄進され,円勝寺がこれを相伝した。平氏滅亡後1186年(文治2)には鎮西奉行天野遠景の押妨を受けたが,実定が頼朝に訴えてこれを退けた。鎌倉期に瀬高上荘は妙法院領となり,また1273年(文永10)には上・下荘とも10ヵ年を限り延暦寺の造講堂料所となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android