コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本荘 ほんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本荘
ほんじょう

秋田県南西部,由利本荘市中部の旧市域。日本海に面し,本荘平野中心をなす。 1954年本町と子吉村,小友村,石沢村,南内越村,北内越村,松ヶ崎村の6村が合体して市制。 2005年矢島町,岩城町,由利町,東由利町,西目町,鳥海町,大内町と合体して由利本荘市となった。中心市街地の本荘は江戸時代子吉川河港をもつ本荘藩2万石の城下町。大町では江戸時代から続く朝市が開かれ,魚,野菜が取り引きされる。農業が主産業で,本荘米の集散地。製材,合板,食品加工などの工場も立地。秋田杉を使った工芸品や本荘塗,本荘刃物を特産。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほん‐じょう〔‐ジヤウ〕【本荘/本×庄】

あるで最初に開け、荘の発展の中心となった土地本郷

ほんじょう〔ホンジヤウ〕【本荘】

秋田県南西部にあった市。日本海に面し、もと六郷氏の城下町。本荘米の産地。製材・塗り物などが盛ん。裸参りの行われる新山(しんざん)神社がある。平成17年(2005)に周辺7町と合併して由利本荘市となった。→由利本荘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんじょう【本荘】

ある荘で最初に開けて荘内発展の中心となった土地。

ほんじょう【本荘】

秋田県南西部、子吉こよし川河口にあった市。江戸時代、六郷氏の城下町。現在の由利本荘市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本荘
ほんじょう

秋田県南西部にあった旧市名。現在は由利(ゆり)本荘市の中西部を占める地域。子吉(こよし)川の下流域を占め、日本海に面する。旧本荘市は、1954年(昭和29)本荘町と子吉、小友(おとも)、石沢、南内越(みなみうてつ)、北内越、松ヶ崎の6村が合併して市制施行。2005年(平成17)矢島、岩城(いわき)、由利、西目(にしめ)、鳥海(ちょうかい)、東由利、大内(おおうち)の7町と合併して、由利本荘市になった。JR羽越本線、由利高原鉄道鳥海山ろく線、国道7号、105号、107号、108号、341号が通じる。
 地域の中央部には子吉川で、北部の芋(いも)川、南部の石沢川のつくる沖積平野がある。周囲は新山(しんざん)丘陵、由利原(ゆりはら)高原などが占める。中心地区の本荘は子吉川の河口南岸にあり、近世初期に最上(もがみ)氏の一族楯岡(たておか)氏が築城、1623年(元和9)以降明治まで六郷氏本荘藩2万石の城下町であった。
 本荘平野は本荘米の産地で、子吉川北岸の新山砂丘では野菜、果樹、イチゴの栽培が行われる。近年ウシやブタの飼育が盛んになり、東北一の市場をもつ。工業では製材やベニヤ板製造などが盛んで、特産品に本荘塗、本荘こけし、刃物などを特産する。旧由利郡一帯を商圏とするが、秋田市と山形県酒田市の卸売圏の競合点をなす。大簗(おおやな)地区には東北大学大学院理学研究科附属地震・噴火予知研究観測センター(本荘地震観測所)がある。新山神社では1月の第3日曜日裸参りが行われる。[宮崎禮次郎]
『『本荘市史』全12冊(1982~2001・本荘市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の本荘の言及

【芦原[町]】より

…福井県北端,坂井郡の町。1955年北潟,本荘2村を合体。人口1万4570(1995)。…

※「本荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本荘の関連キーワード秋田県由利本荘市岩城亀田愛宕町秋田県由利本荘市岩城亀田大町本荘マリーナオートキャンプ場秋田県由利本荘市矢島町坂之下秋田県由利本荘市矢島町田中町秋田県由利本荘市岩城上蛇田秋田県由利本荘市矢島町川辺秋田県由利本荘市岩城上黒川秋田県由利本荘市岩城君ヶ野秋田県由利本荘市矢島町新荘秋田県由利本荘市矢島町木在秋田県由利本荘市岩城下黒川秋田県由利本荘市岩城六呂田秋田県由利本荘市矢島町立石秋田県由利本荘市矢島町舘町秋田県由利本荘市岩城道川秋田県由利本荘市岩城勝手秋田県由利本荘市岩野目沢秋田県由利本荘市岩城冨田秋田県由利本荘市岩城泉田

本荘の関連情報