コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の見梯子 ヒノミバシゴ

デジタル大辞泉の解説

ひのみ‐ばしご【火の見×梯子】

火災を発見するために設けた梯子頂上半鐘をつるし、打ち鳴らして火災を知らせた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひのみばしご【火の見梯子】

火事の方向や場所を見定めるために設けた梯子。頂上に半鐘をつるし、番人が打ち鳴らして火事を知らせた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の火の見梯子の言及

【火の見櫓】より

…定火消の櫓には昼夜の別なく2人の見張番が立ち,火災を発見するとつるした太鼓を打ち鳴らしたが,大名火消は板木(はんぎ),町方は半鐘であった。享保年間(1716‐36)には10町に一つずつ火の見櫓が設けられ,櫓のない町には自身番屋の上に火の見梯子が設けられた。防火策として火の見櫓は画期的なものではあったが,たとえ町方が先に火災を発見しても,定火消の太鼓が鳴らぬかぎり,半鐘を鳴らすことは許されなかったという。…

※「火の見梯子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火の見梯子の関連キーワード番人火事

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android