コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半鐘 ハンショウ

4件 の用語解説(半鐘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はん‐しょう【半鐘】

釣鐘の小さいもの。本来は寺院・陣中などの合図に用いたが、江戸時代から火の見櫓(やぐら)につるし、火災・洪水・盗賊などの非常時に鳴らすようになった。
紋所の名。1を図案化したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

半鐘

青銅、鉄などでできた小型の釣り鐘。火の見やぐらや、はしご付きの高い柱の上に設置され、火事などの際に槌(つち)でたたいて音を出し、住民に危険を知らせたり、消防団を招集したりした。江戸時代から昭和初期にかけて集落ごとに設けられたが、サイレン防災無線の整備に伴い、役目を終えて姿を消しつつある。東日本大震災などをきっかけに防災への関心が高まる中、半鐘を復活させたり、モニュメントとして保存したりする動きもある。

(2014-02-12 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

はんしょう【半鐘】

小形の釣り鐘。火の見櫓やぐらの上などにつり下げ、火災などの警報にたたき鳴らす。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半鐘
はんしょう

火事、天災、泥棒などを知らせるために打つ鐘。青銅製で、寺院の梵鐘(ぼんしょう)に比べて小さいため半鐘という。それ以前は厚板の板木(ばんぎ)を使って寄合などの連絡にも使っていたが、江戸時代に火消(消防組)が組織されるようになって半鐘が普及した。梯子(はしご)の上に取り付けたものから、櫓(やぐら)を組むものになり、鉄製の櫓に取り付けたものはいまも残っている。たたく数によって事件の内容を示す。火事の場合、近火は連打(スリバン)、以下遠くなるにしたがい打数を減らした。そばに消防ポンプなどを納めた小屋を設けたものが多い。いまはサイレンなどの通報手段が普及し、実用性を失った。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の半鐘の言及

【喚鐘】より

…半鐘(はんしよう),小鐘(しようしよう),報鐘(ばうちよん),犍稚(けんち)ともいい,仏教で用いる鳴物(楽器)の一種。青銅鋳造製で梵鐘の小型のもの。…

※「半鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

半鐘の関連情報