コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梯子 テイシ

5件 の用語解説(梯子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てい‐し【×梯子】

はしご。

はし‐ご【×梯子/×梯/階子】

高い所へ登るための道具で、長い2本の材の間に足がかりの横棒を何本もつけたもの。立てかけたり、つるしたりして用いる。「―をかける」「縄―」
階段。段梯子。
梯子酒」の略。転じて、いくつかの場所を続けてわたり歩くこと。「映画の―をする」
[下接語](ばしご)裏梯子雁木(がんぎ)梯子救助梯子・管梯子・竹梯子畳み梯子段梯子継ぎ梯子釣り梯子縄梯子箱梯子火の見梯子船(ふな)梯子回り梯子槍(やり)梯子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はしご【梯子】

昇降のための道具。代表的な形は2条の長い材の間に,足がかりの横木(踏子(ふみこ))を一定の間隔で取り付けたもので,これを対象に寄せかけて立て,昇降する。猿梯子とも呼ばれ,木製が多いが竹製,金属製などもある。梯子は古く〈はしのこ〉と呼ばれ,〈こ〉は木の葉(このは)などと同じく〈木〉の古形であり,〈はし〉は端,橋などと同根で,端と端の間に渡すという意味である。〈はしのこ〉は端と端の間に渡した横木を指したが,これがいつしか梯子全体を指すようになったと思われ,梯子を立てることを梯立(はしたて)ともいった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ていし【梯子】

はしご。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梯子
はしご

高いところに登るための道具。用材、用途、形状によって長梯子、竹梯子、棒梯子、縄梯子、丸木梯子などがある。通常は2本の長い縦木(柱)の間に、足をかける横木(踏桟)を一定間隔で取り付けたものである。この形の梯子はすでに、高倉にかけたところが銅鐸(どうたく)に描かれており、弥生(やよい)時代には使われていた。長梯子は一間半から二間(一間は約1.8メートル)の長さのものが一般的で、屋根に上ったり、建築、造林などに用いられる。縦木にはスギ、ヒノキを使い、30、40センチメートルの間隔をとり、その間にスギやカシなどでつくった横木を(ほぞ)で組んだものが多い。山村では二またに伸びた立木を切り、そのまま縦木に利用したものもある。竹梯子は縦木に丸竹を用い、横木をシュロ縄で結び付けたもので、江戸時代の町火消が使った。棒梯子は1本の木を縦に二つ割りにし、その間に横木を入れたもので、不要なときは畳んでおくことができる。これは長さ一間程度の梯子である。縄梯子は2本のアサ、シュロなどの縄に横木をつけ、縄の先に鉤(かぎ)をつけて利用した。以上の梯子に対し、丸木梯子は、1本の丸太に足をかけるところを刳(く)ってつくったものである。これは静岡県の登呂(とろ)や山木遺跡からも出土している。弥生時代には高倉用の梯子として使われた。最近は金属製のさまざまな梯子があり、軽くて持ち運びが便利なようになっている。前述の木の長梯子は自分でつくるか大工につくらせるが、梯子屋といって専門の職人もあった。なお梯子には、横木に腰をおろすと魔物にさらわれるとか、梯子の下をくぐると災難があるなどの俗信もある。[小川直之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梯子の言及

【雲梯】より

…もとは雲にとどくほどの長いはしごの意味で,城攻めの道具であった。《墨子》には公輸般が製したと見えるが,朝鮮や日本でも用いられた。現在は,子どもたちが懸垂運動をするための体育・遊戯施設をいい,金属パイプ製のはしごを横にし,その両端を支柱で固定したもので,水平型,山型,太鼓橋型など各種ある。両手でぶら下がり,体を振動させながら手を握りかえて移動していくのが普通の使い方であるが,その上を四つんばいになったり立ったりして歩いて渡っていく使い方もある。…

※「梯子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梯子の関連キーワード機具キット昇降口長道具髭剃りレードル竿掛道具落し篦撓め雪掻き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梯子の関連情報