コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山砕屑砂 かざんさいせつさpyroclastic sand

岩石学辞典の解説

火山砕屑砂

砂程度の大きさの物質で直接的または間接的に火山活動の起源によるもの.火山砕屑砂は降下火山灰または火山灰流として濃集し,ガラス質物質の破片浮石火山岩の破片などからなっている.浸食された火山性の破片は火山砕屑砂として分類される[Pettijohn, et al. : 1975].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android