コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山砕屑砂 かざんさいせつさpyroclastic sand

岩石学辞典の解説

火山砕屑砂

砂程度の大きさの物質で直接的または間接的に火山活動の起源によるもの.火山砕屑砂は降下火山灰または火山灰流として濃集し,ガラス質物質の破片浮石火山岩の破片などからなっている.浸食された火山性の破片は火山砕屑砂として分類される[Pettijohn, et al. : 1975].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android