コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山灰流 かざんばいりゅうash flow

岩石学辞典の解説

火山灰流

主として火山灰よりなる高温の火砕流である.大量の火山砕屑物とガスが火山から噴出することで,熱雲(nuee ardente)の下部に含まれることがある[Fisher : 1954, MacGregor : 1955].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の火山灰流の言及

【火砕流】より

…ふつうは,高温の固形物質(火山砕屑物)とガス(空気または水蒸気)の混相流(粉体流)を指し,重力によって駆動される。構成物質の大部分が軽石の場合は軽石流,火山灰の場合は火山灰流,スコリアの場合はスコリア流と呼ばれる。小規模の火砕流は熱雲とも呼ばれる。…

※「火山灰流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火山灰流の関連キーワードユウタキシティック組織イグニンブライト火山灰流凝灰岩カーリキュー熔結凝灰岩火山砕屑砂溶結凝灰岩軽石流砂流

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android