コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)石 ウキイシ

デジタル大辞泉の解説

うき‐いし【浮(き)石】

軽石(かるいし)。
河床にある石で、一部が河底から離れ、下を水が流れているもの。
くずれやすく不安定な状態に積み重なっている石や岩。
囲碁で、根拠がなく孤立していて、相手にねらわれやすい石。

ふ‐せき【浮石】

軽石(かるいし)のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

浮石【うきいし】

軽石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

浮石

極端に小さい気胞ができてあぶくに似た火山砕屑質の熔岩の一般的な名称.通常この語は酸性から中性の組成をもつ明るい色のものに用いられ,これらは軽く水に浮かぶ.流紋岩質の浮石では気泡は長く延びて新鮮な壁では真珠状あるいは絹糸状の光沢があり,粗面岩質浮石では荒れた壁をもつ細胞状になっている.塩基性の組成をもつものは暗い色で密度も大きく,一般に岩滓質浮石(scoriaceous pumice)または岩滓(scoria)とよんでいる[Hill : 1774, Granger : 1931, Tyrrell : 1952].spumaは泡,あぶく,ラテン語のpumicstanは軽石の意味.軽石,浮石などは中国の古典にも見られ,平安期の名抄にもある.由来は不明[歌代ほか : 1978].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮石
ふせき

軽石」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮石
ふせき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浮(き)石の言及

【スコリア】より

…大きさや形ではなく,黒色,暗褐色で多孔質という内部構造に基づく分類名。白色,淡色のものは軽石(浮石)とよばれ,通常スコリアよりさらに多孔質で軽い。スコリアは玄武岩など鉄,マグネシウムなどの多いマグマの発泡により生ずる。…

※「浮(き)石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浮(き)石の関連キーワード対馬からの仏像盗難をめぐる経緯ヨンプン(栄豊)郡パーライト玄武岩レテイキュライトスピュムライトコフェルス岩チャラゾイドケラミカイトレース状組織ウィルソン岩パーミサイト火山流砂岩浮石凝灰岩爆発性火山火山砕屑砂パーマイト斜長石浮石テゾントリ阿蘇熔岩長石浮石

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android