コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山裂罅 かざんれっかvolcanic fissure

岩石学辞典の解説

火山裂罅

多量の熔岩が爆発現象をほとんど伴わずに静かに流出して,広大な熔岩台地を形成する際に,その熔岩の噴出口となる地殻の裂け目.この裂罅に沿って爆発が起こると爆裂地溝と呼ばれる溝状の長い窪地が生じ,裂罅に沿って数箇所に中心火山が起こると小火山列または小火口列ができる.一中心火山の上にも火山裂罅が形成されることがある[渡辺編 : 1935, Kuenen : 1945].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android