裂罅(読み)れっか

日本大百科全書(ニッポニカ)「裂罅」の解説

裂罅
れっか

引張(ひっぱり)応力によって形成された岩石中の割れ目。面に直交する方向に開口するため、そのすきまを方解石や石英が埋め、となることが多い。有用鉱物が沈着したものが鉱脈である。マグマがすきまを埋めると火山岩脈となる。未固結な下位ないし上位の地層から砕屑(さいせつ)物が流入した場合は砕屑岩脈が形成される。

岩松 暉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「裂罅」の解説

れっ‐か【裂×罅】

裂けてできたすきま。裂け目。割れ目。
「紅海は大陸の―だとしいて思ってみても」〈寅彦・旅日記から〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「裂罅」の解説

れっ‐か【裂罅】

〘名〙 裂けてできたすきま。われめ。さけめ。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android