コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火砕丘 カサイキュウ

岩石学辞典の解説

火砕丘

火砕物が火口周辺に堆積して作った環状あるいは円錐状の丘.小形のものが多いが地形的に目立つものがある[守屋 : 1978].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かさいきゅう【火砕丘】

爆発的噴火によって上空に放出された火砕物が、降下して火口の周囲に積み重なってできた小形の火山体。頭の切れた円錐形で、火砕物の種類によって、軽石丘・スコリア丘・火山灰丘などに分ける。火山砕屑丘。臼状火山。ホマーテ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火砕丘の関連キーワードダイヤモンドヘッドレユニオン島タフ・リングパンチボウルタフリング水蒸気爆発スコリア丘単成火山寄生火山爆裂火口臼状火山火山灰丘火砕物砕屑丘軽石丘噴石丘

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android