コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山砕屑丘(読み)カザンサイセツキュウ

岩石学辞典の解説

火山砕屑丘

火山活動がマールよりも激しく多量の本質放出物を噴出すると,火口の周囲にこれが堆積して円錐丘を作る.構成物質によって珪長質多孔質な白っぽい軽石丘(pumice cone),苦鉄質で多孔質な暗色のスコリア丘(岩滓丘 : scoria cone),噴石丘(cinder cone)などが区別されている.噴石丘の大部分はスコリア丘である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の火山砕屑丘の言及

【火山】より

…1回の活動によってできたこのような形の火山はマールmaarと呼ばれる。弱い爆発が続いて,火口の周囲に噴出物が積もり,円錐状の小丘ができたものは砕屑丘(火山砕屑丘)pyroclastic coneと呼ばれ,噴出物の違いでスコリア丘(噴石丘),火山灰丘,軽石丘がある。ふつうは比高200~300m程度以下で,頂上には比較的大きな火口がある。…

【砕屑丘】より

…比較的に静かな噴火によって放出された火山砕屑物が火口の周囲に降り積もって生じた截頭(せつとう)円錐形の火山で,火山砕屑丘ともいう。一般に基底直径1km以下,比高200m以下と小型で,1輪廻の噴火で側火山や中央火口丘として生じるが,群在する例もある。…

※「火山砕屑丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android