コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火砕岩 カサイガン

百科事典マイペディアの解説

火砕岩【かさいがん】

火山砕屑(さいせつ)岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かさいがん【火砕岩】

火山の噴出物が堆積し固結してできた岩石の総称。凝灰ぎようかい岩・凝灰角礫かくれき岩・火山礫凝灰岩など。火山砕屑岩さいせつがん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火砕岩
かさいがん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の火砕岩の言及

【火山砕屑岩】より

…火山砕屑物が固結して生じた岩石の総称。火砕岩ともいう。火山砕屑物はその成因により二分される。…

※「火砕岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火砕岩の関連キーワードユウタキシティック組織シュナイダーの火山分類ハイアロクラスタイトカオリン(鉱物)火山礫凝灰岩アカンダナ山グリーンタフカオリナイト火山砕屑物凝灰角礫岩アロフェン小坂鉱山松尾鉱山弥陀ヶ原深沢鉱山天子山地火山地形葉ろう石火山岩頸イライト

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火砕岩の関連情報