コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝灰角礫岩 ギョウカイカクレキガン

岩石学辞典の解説

凝灰角礫岩

火山角礫岩で,多量の凝灰岩の基質の中に熔岩の岩片が含まれているもの.角礫岩質凝灰岩(Brecciated tuff)とは異なる[Loewinson-Lessing : 1898, Norton : 1917].粗粒の角礫状火山砕屑物と,間を埋める火山灰質の基地からなる火山砕屑岩をいう.ウェントワースたちの分類では径32mm以上の岩片をかなり含むが,基地の細粒物質が過半を占めるものをいう[Wentworth & Williams : 1930-1932].半分以下のものは火山角礫岩である.フィッシャーの分類では,2mm以下の火山灰,64~2mmの火山礫,64mm以上の火山塊をほぼ等量ずつ含む火山砕屑岩をいう[Fisher : 1960, 片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうかいかくれきがん【凝灰角礫岩】

火砕岩の一種。多量の火山灰が直径64ミリメートル 以上の火山岩塊の間を埋めて固結してできた岩石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android