火鈴(読み)こりん

精選版 日本国語大辞典「火鈴」の解説

こ‐りん【火鈴】

〘名〙 (「こ」「りん」はそれぞれ「火」「」の唐宋音) 禅寺で火もとを注意するために振る、小形のに似た鈴。巡更鈴。
※瑩山清規(1324)上「午時斎時也。火鈴遶寺後、庫前鼓三下、報斎時也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「火鈴」の解説

こ‐りん【火鈴】

唐音》禅寺で、火もとを注意するために振り鳴らす釣鐘形の小さな鈴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android