禅寺(読み)ぜんじ

精選版 日本国語大辞典「禅寺」の解説

ぜん‐じ【禅寺】

〘名〙
禅宗寺院禅院。ぜんでら。
※宝慶記(1253)「亦書律寺教寺禅寺等之字
② カキの栽培品種。甘柿で、江戸で多く栽培されたもの。歌舞伎俳優坂東善次に掛けて多く「善次」の字を用いる。
※雑俳・柳多留‐六五(1814)「ばんどうにしのとせんじの直を付る」

ぜん‐でら【禅寺】

〘名〙 禅宗の寺院。禅院。禅家。禅林。ぜんじ。
※俳諧・犬子集(1633)二「禅寺は花に鳴迄さとり哉〈重頼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android