禅寺(読み)ゼンデラ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐じ【禅寺】

〘名〙
① 禅宗の寺院。禅院。ぜんでら。
※宝慶記(1253)「亦書律寺教寺禅寺等之字
② カキの栽培品種。甘柿で、江戸で多く栽培されたもの。歌舞伎俳優坂東善次に掛けて多く「善次」の字を用いる。
※雑俳・柳多留‐六五(1814)「ばんどうにしのとせんじの直を付る」

ぜん‐でら【禅寺】

〘名〙 禅宗の寺院。禅院。禅家。禅林。ぜんじ。
※俳諧・犬子集(1633)二「禅寺は花に鳴迄さとり哉〈重頼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禅寺の関連情報