禅寺(読み)ぜんじ

精選版 日本国語大辞典「禅寺」の解説

ぜん‐じ【禅寺】

〘名〙
禅宗寺院禅院。ぜんでら。
※宝慶記(1253)「亦書律寺教寺禅寺等之字
② カキの栽培品種。甘柿で、江戸で多く栽培されたもの。歌舞伎俳優坂東善次に掛けて多く「善次」の字を用いる。
※雑俳・柳多留‐六五(1814)「ばんどうにしのとせんじの直を付る」

ぜん‐でら【禅寺】

〘名〙 禅宗の寺院。禅院。禅家。禅林。ぜんじ。
※俳諧・犬子集(1633)二「禅寺は花に鳴迄さとり哉〈重頼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android