コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰曹長岩 かいそうちょうがん oligoclasite

1件 の用語解説(灰曹長岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

灰曹長岩

この岩石名の内容は様々に変化してきた.最初はフルネオリゴクレースに富む雲母片岩に命名した[Fournet : 1849].次に変質した橄欖(かんらん)石ノーライトで二次的生成物としてオリゴクレースが形成された岩石に用いられ[Bombicci : 1868],その後カヴァロライト(cavalorite)と命名された[Capellini : 1877-1878].コルデラップは粗粒の粒状岩でオリゴクレースが主成分の岩石をオリゴクラサイト(oligolasite)とした[Kolderup : 1898].ワシントンはこの岩石をオリゴクレース安山岩(oligoclase-andesie)とした[Washington : 1923].英国岩石命名委員会ではこの名称は古いので廃棄すべきものとした[Britisch Committee on Petrographical Nomenclature : 1921].ヨハンセンはほとんど全部がオリゴクレースからなる脈岩に使用している[Johannsen : 1937].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灰曹長岩の関連キーワード便利屋化学的風化トンスタイン衝撃角礫岩エスメラルダ岩ユーライト閃長閃緑岩アンデシラボラドライト霞石閃長斑岩クラ岩

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone