灰曹長岩(読み)かいそうちょうがん(英語表記)oligoclasite

岩石学辞典の解説

灰曹長岩

この岩石名の内容は様々に変化してきた.最初はフルネがオリゴクレースに富む雲母片岩に命名した[Fournet : 1849].次に変質した橄欖(かんらん)石ノーライトで二次的生成物としてオリゴクレースが形成された岩石に用いられ[Bombicci : 1868],その後カヴァロライト(cavalorite)と命名された[Capellini : 1877-1878].コルデラップは粗粒の粒状岩でオリゴクレースが主成分の岩石をオリゴクラサイト(oligolasite)とした[Kolderup : 1898].ワシントンはこの岩石をオリゴクレース安山岩(oligoclase-andesie)とした[Washington : 1923].英国岩石命名委員会ではこの名称は古いので廃棄すべきものとした[Britisch Committee on Petrographical Nomenclature : 1921].ヨハンセンはほとんど全部がオリゴクレースからなる脈岩に使用している[Johannsen : 1937].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android